So-net無料ブログ作成
検索選択

人間は、いかると心臓がバクバクいうんだね。 [仕事とプログラムのハナシ]

ひとが足りず、外注(派遣)さんに来てもらうことになった。
面接した偉いひと曰く
『高齢だけど、できそうな感じ。
 すごくできるか、すごくできないか、どっちか』
とのこと。

来てみれば確かに高齢で、定年って何歳だっけー?といいたくなる年齢。
表示設定でフォントや倍率を特大にしたり、印刷物を拡大鏡で見たり、老眼鏡を着けたり外したり。
『まぁ、年だから仕方ないやね。』くらいに思っていた。

そんな初日の打合せ(兼引き継ぎ)、妙に悪い予感がした。
・縦書き用ノートに横書きしている
・体制を説明したのにメモを取らない
・パソコンとメールサーバと暗号化ZIPのパスワードを混同
・読んでほしいと伝えたファイルを読んでいない
・メールが口語、かつ、まとまっていない
・数時間掛けて何やら調べていたが『できない』と結論付ける(その後、私が5分で解決)
・OpenFileDialogのFilterプロパティをググってる
・出してきた工数見積もりが異様に多い
ひとつひとつは些末だが、合計すると結構な不安感になった。あまりに心配なので、その日のうちに上長にアラームをあげておいた。

二日目以降、その不安が徐々に明確になってきた。

ひとの話しは聞いていない。
→二日目に明確化

設計はまるっきりしやしない。
→三日目に明確化

ひとのメールもろくに読んでない。
製造はさっぱり進まない。
調査はまったくできていない。
→五日目までに明確化

口を開けば
・○○は聞いていない(説明済み)
・○○のはずだ(説明とまったく違う)
・○○はどう作るのか(それを設計するのが仕事じゃないのか)
・○○は一日掛けて調べたが、できない(30分で実装できましたが。。。)
・○○を除けばできている(除いてもできていない&構成が雑すぎる&プログラムが汚なすぎる)
のオンパレード。

無論、ここまで何もしなかった訳ではなく、必要な情報を随時揃えたり、それとなくor具体的に誘導したり、打てるだけの手は打った。
それでもまったくもって進まない。
なんなんだ、こいつ。

ちなみに。
三日目時点であまりに進まないので、裏でこそこそサヨナラの方向に誘導するための布石を準備してみた(短納期なのにレビュー必須に持ち込んだ)。

一週間と二日が経過し、外注さんは、このトラップに見事に嵌まってくれることとなる。
レビューで山盛りのバグを露呈してくれたんだ。
しかも『これこれの使い方なら動く』とか『いついつまでは動いていた』などの言い訳付きで。

その嵌まりっぷりは見事の一言に尽きる。

・・・が、しかし。
お客様にリリースするプログラムだというのに適当すぎる外注さんの所業が頭に来て、危うく怒鳴り付けるところだった。
私やプロジェクト管理者が各種機能を揃えてお膳立てしたにもかかわらず実装できていないことを、プロジェクト管理者のせいにする所業も頭に来て、こちらも怒鳴り付けるところだった。
両方、目一杯こらえて、ぎりぎりせーふ。
人間ってのは心底いかると心臓がバクバクいうんだなぁ、と知ったよ。

なお、諦めのついた上長はサヨナラの方向で動き始め、面接担当者さんからは『申し訳ない』の一言をもらい、現状は私の狙い通りに進みつつある。
この外注さんに掛けた費用がもったいなくて堪らないが、時間が戻ってくるでなし、そもそも私は経営に関与しない平社員だし。

私は、自分の元々持っている案件をフルスピードで終わらせて、外注さんから奪還した作業を進める所存です。
うし、がんばるぞ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0